みんなー こんにちはー!!

字幕屋おにいさん(28)だよ!!

今日はね おにいさんの家族を紹介しようと思うんだ!!

とーっても個性的で可愛い子たちばかりで 毎日楽しく過ごせてるのサ!!

6人の少女たちと暮らすなんて おにいさん勝ち組ってやつだね!!

おっと!! いくらおにいさんが羨ましいからって通報はやめてくれよな(笑

字幕屋家


それじゃあ紹介していくから みんな振り落とされないようについてきてくれよナ!!
字幕屋家ほむほむ
ほむほむ

■年齢
 14歳(ループを繰り返しているので正確には+n)
■種族・性別
 ヒューマン・女子
■好きなもの・趣味
 まどか。まどかに関連するもの。銃器の手入れ
好きな言葉・口癖
 「それには及ばないわ」「どこおろ(どこまで愚かなの)」
■苦手なもの
 接近格闘クラス。しかしまどかを守る為にカンストはしている。
 他者とのコミュニケーション。あとは巴マミ。
■得意なクラス・武器カテゴリー
 射撃クラス全般。主に弓とARを得意とする。
■アークスになるまで
 何度目かのループを繰り返して精神的に参っている時に
 上手くループ出来ずにこの世界へと迷い込んでしまったらしい。
 市街地を彷徨っている所をりじちょーが強引に保護する。
 その時は記憶が少しあやふやしていたが 戦闘に関する所作は身体が覚えていたらしい。
■アークスになったきっかけ
 情緒不安定を理由に工房アミガサタケで保護という名目で匿われる。
 本名でのアークス登録がされていないのはりじちょーが「面倒くさい」という理由で「ほむほむ」に。
 これ以降 悪循環を生む原因に。
■戦闘スタイル
 銃器の扱いは最初からまずまず使えていたが
 「魔法少女」という割に法撃職は一切手を付けずに初期は物理的な攻撃しか出来なかった。
 しかし「気付いたら床舐めてる」くらい戦闘不能になってた法撃職を今はなんとかモノにしている。
 炎テク重視なのは名前由来。最近は闇テクも力を入れている。
■愛用武器
 現在は「ソリッドリカーブ」と「サルスパニッシャー」がお気に入り。
 単純に火力を求める傾向にあり女子力は低い。

■詳細と現在の状況
 オラクルに飛ばされた理由はループの失敗だと思っているが真相は定かではない。
 最近は「私は悪魔なんじゃないか」というイタい思い込みのような事を吹聴し
 格好も発言も厨二チックになっている上に まどっちへのアプローチも気持ち悪い方向へ。
 一方 周囲から反応は薄く「あぁ また何か変なこと言い出したな。」程度にしか思われていない。



字幕屋家まど神
まどっち

■年齢
 14歳(概念である為に精神年齢は計測不可)
■種族・性別
 ヒューマン・女子
■好きなもの・趣味
 ほむほむ。ほむほむに関するもの。アントニー(ヒゲの使い魔)
■好きな言葉・口癖
 「ウェーッヒッヒッヒ」「導いちゃうからね!!」
■苦手なもの
 神であるので全ての事象に関して特になし。
 法撃職に手を付けないのは「なんとなく気が乗らないから」である。
■得意なクラス・武器カテゴリー
 射撃クラス全般。主に弓を得意とする。
■アークスになるまで
 本来は普通の魔法少女だったが 紆余曲折を経て神に近い概念となる。
 全ての魔法少女の最期を看取る「円環の理」として役割を果たす一方で
 ほむほむへの個人的な密かな思慕の為に監視していた。(さやかちゃんにはバレてる)
 その思いが高まった結果 姿は14歳を擬してオラクルへと辿り着いた。
■アークスになったきっかけ
 ほむほむの強力な推薦を貰って農協へ入る。
 アークスの素質としては文句なく逸材なのだが「本気を出すと宇宙が壊れる」との本人談。
 周囲とも結構仲良くやっているが 腹黒い一面を隠し切れない時がままある。
■戦闘スタイル
 弓に特化した撃滅型戦闘スタイルの為に支援行動は殆どしない。
 以前は近接格闘も見せていたが今は封印している。理由は「一方的な虐殺になるから」とのこと。
■愛用武器
 現在は「ガーンデーヴァ」と「サルスパニッシャー」がお気に入り。
 色合い的に「ルベルサイファー」も好きらしい。
■ 詳細と現在の状況
 欲望に関しては忠実で素直なほむほむに対して 捻くれた愛情表現しか出来ずにいるので
 一昔前のテンプレのような下手なツンデレみたいになっている。
 未来のあらゆる事象の全て知ることも可能だが
  「万が一ほむほむが自分を好きでない可能性」がゼロではないので敢えて見ないままでいる。
 他の組合員は「神」である事はいまいち信用してはいないが
 たまに不可解な力を発動させる時があるので いぶかしがられている。



字幕屋家あんこ
あんこ

■年齢
 14歳
■種族・性別
 ヒューマン・女子
■好きなもの・趣味
 お菓子。美味しいものを食べ歩くこと。
■好きな言葉・口癖
 「食い物を粗末にするんじゃねぇ」「食うかい?」
■苦手なもの
 法撃職は一切習得していない。
 細かい作業。女子らしい振る舞い。
■得意なクラス・武器カテゴリー
 近接格闘全般。特にパルチザンとワイヤーを好む。
■アークスになるまで
 決死の覚悟で人魚の魔女と相討ちになった拍子にオラクルへ飛ばされた。
 市街地で騒動を起こしかけていた時にほむほむに発見され そのまま面通しされる。
■アークスになったきっかけ
 「自分の食い扶持は自分で稼ぐ」為にアークスになる。
 幸いにして 魔力の応用とフォトンの感応はよく似ていたので大きく困る事はなかった。
 「あんこ」でアークス登録したのはほむほむ。
 ほむほむがりじちょーにやられた事に対する八つ当たり。
■戦闘スタイル
 接近戦なら全てをそつなくこなす。元来の武器である槍に対してはこだわりを見せる。
 射撃と法撃に関しては本人曰く「あんなんじゃ倒した気にならない」とのこと。
■愛用武器
 現在は「カイザーファルクス」と「ライトニングエスパーダ」
 あと少々型落ちだが「グロリアスウィング」を愛用。(サクラと佐倉が掛かっている)
■ 詳細と現在の状況
 ほむほむの紹介でおっさん農協にお邪魔するかたちに。
 気さくな性格なので りじちょーやGEN-Ⅲともすぐに打ち解ける。
 特にりじちょーとは食べ物の話で盛り上がったりする。
 ぶっきらぼうな口調ではあるが妹(モモ)がいた事から
 面倒見はいいので年下や他の組合員には「お菓子のお姉ちゃん」と呼ばれている。




字幕屋家バカさん
さやかちゃん

■年齢
 14歳
■種族・性別
 ヒューマン・女子
■好きなもの・趣味
 クラシック音楽。バイオリン鑑賞。バカのふり
■好きな言葉・口癖
 「あたしってほんとバカ」「可愛い子だと思った?」
■苦手なもの
 射撃法撃職は一切習得していない。料理。
■得意なクラス・武器カテゴリー
 近接格闘全般。特にソードとカタナを好む。
■アークスになるまで
 逃亡した円環の理をとっ捕まえる為にオラクルへとやってきた。
 追跡に夢中でどうやって来たのかは覚えていないらしい。
 GEN-Ⅲ曰く「あの時は凄い剣幕で乗り込んで来たので反射的に謝っちゃったよね」とのこと。
■アークスになったきっかけ
 円環がどうしても帰りたがらない上に 本人も逢いたかった人が所属してた為に
 その流れで自分でさっさとアークス登録して農協に居着く。
 影ながらの特訓の成果 あちらの世界であった天と地ほどあったあんことの戦闘スキル差は
 特に見劣りせず戦闘レベルとしては遜色ない。
 ただ戦闘力に特化させた為に本来持っていた治癒スキルは殆ど使えなくなってしまった。
■戦闘スタイル
 ソードとカタナを専門としているが 他の近接武器もそつなく使いこなせる。
 以前のように感情に振り回されて見境なく攻撃一辺倒になるような事はないが
 PSEバースト時だけはテンションが上がってしまい抑制が効かなくなるらしい。
 あんことは「槍の使い方」「カタナの使い方」などを互いに教え合い
 仲良く喧嘩しながらも実戦的な練習に励んでいる様子。周囲は「デート」と呼んでいる。
■愛用武器
 現在は「エリュシオーヌ」と「禍刀ラクカ」を愛用。
■ 詳細と現在の状況
 やりたい放題の魔法少女達の中で一般常識を持ち合わせているのでツッコミ役に回る事が多い。
 ほむほむによくちょっかいを出しているが心配の表れで 本心としては見捨てておけないらしい。
 事情を詳しく知らない団員からは「よく怒っている子」として認識されているが
 直接話してみると普通の素直な子だったとの感想もある。
 あんこ同様 面倒見が良いので色々と頼まれ事や世話を焼くが
 当人は気にせずに楽しんでやっているという天使の一面も。
 



字幕屋家まみさん
マミさん

■年齢
 15歳
■種族・性別
 ヒューマン・女子
■好きなもの・趣味
 なぎさ。紅茶。お菓子作り。アンティークの食器収集
■好きな言葉・口癖
 「もう何も怖くない!!」「私もう ひとりぼっちじゃないもの!!」
■苦手なもの
 近接格闘クラス。本人曰く「私の思うエレガントさがないから」らしい。
 孤独。
■得意なクラス・武器カテゴリー
 射撃クラス全般。主にランチャーを得意とする。
■アークスになるまで
 魔女の結界から出たと思ったら異次元であるオラクルに飛ばされていたらしい。
 あらゆる場所でほむほむやあんこの居る形跡を見付けるが
 煙に巻かれるように本人達にはなかなか辿り着けなかった。
 ようやく見付けた時にはうれしさの余りに人目を憚らず号泣してしまい
 ほむほむからは他人扱いされた。(あんこが介抱した)
■アークスになったきっかけ
 農協に身を寄せるにあたって面接時に高価なお菓子を持参し 見事にりじちょーを釣り上げる。
 企業への面接の如くリクルートスーツで履歴書を持参し 真摯な姿勢はGEN-Ⅲの心を打った。
 後に彼曰く
 「最後のあの一糸乱れぬ入団土下座は未だかつて見た事がない完璧なものだった。」と語り草に。
■戦闘スタイル
 元来はマスケット銃とリボンで戦っていたが
 持ち前の戦闘センスの高さでフォトン感応の銃もなんなく使いこなす。(リボンは封印)
 単騎での戦闘力の高さ。補助攻撃の多彩さ。が目立つがそれ以上に
 「必要以上に戦闘不能を回避する」スキルの高さも注目されている。
■愛用武器
 現在は「ブリッツフェンダー」「シューティングドライブ」と割と無骨な武器を好む。
■ 詳細と現在の状況
 入団当初は気を使い過ぎて 周囲も気を使うという負のスパイラルに陥っていたマミさんだが
 色んな意味で運命の相手であるなぎさちゃんが入った事により多少の落ち着きを取り戻した。
 しかしその丁寧さや礼儀正しさが年上の団員にはウケが良いらしく 割と可愛がられている模様。



字幕屋家チーズ
なぎさちゃん

■年齢
 7歳
■種族・性別
 デューマン・女子
■好きなもの・趣味
 チーズ。マミさんと遊ぶこと。
■好きな言葉・口癖
 「~なのです!!」「モベッ!!」
■苦手なもの
 射撃クラス全般。理由は解らないがほむほむは苦手。
■得意なクラス・武器カテゴリー
 法撃クラス全般。ほむほむ以外では法撃職カンストはなぎさちゃんのみ。
■アークスになるまで
 かつて魔女だった者。そして今は円環の鞄持ち。
 円環の世界に於いて まどっち さやかちゃん と3人で暮らしていたが
 まどっちが職務放棄に近い形でオラクルへと逃げた為に追いかけてやってきた。
 が それは名目上の理由で本当はあらゆるチーズを食べる為
 そしていつか迷惑をかけてしまったマミさんに謝る為にオラクルへ。
■アークスになったきっかけ
 現段階では最後の魔法少女として入団。推薦はまどっちとさやかちゃんから。
 キャスト以外では最年少であるらしいが こなす職数は他の魔法少女を凌駕するセンスの持ち主。
■戦闘スタイル
 本来はトリッキーな攻撃をするらしいが
 アークス職に近似するものがない為に魔法少女らしい法メインに。
 しかし 近接戦闘も得意なようで割と器用に色々と遊んでいるらしい。
■愛用武器
 現在は「グラヴィリオス」がお気に入り。
 「アーレスタリス」も使うが金色の糸を吐きそうだから と本当は苦手らしい。
■ 詳細と現在の状況
 幼女らしい遠慮のなさを通り越して口は悪いがあまり他意はないらしい。
 年の近い子がいないので実は少しだけ寂しがっており
 背の高さが同じくらいの団員にちょっかいを出しているがお菓子を一緒に食べるのが楽しみ。
 マミさんとさやかちゃんを姉のように慕うが ほむほむにはあまり近付かない。






(;´Д`)ハァハァ

さすがに6人はおにいさんも大変だったよ…

でも魔法少女たちの素晴らしさは みんなには伝わったと思うんだ!!

そしておにいさんも満遍なく活躍させているから

「最近あの子見ないなー」「かれちゃったのかなー」

なーんてことはないはずだよ!!

ということで 字幕家さんちの魔法少女たちをこれからもよろしくね!!